電力会社を変えるだけで電気代を大幅削減

電気料金の見直しの事なら、
経費削減応援隊にお任せ下さい!!

経費削減応援隊から3つのお約束

よくあるご質問

今の電力会社から何か言われるのでは?
電力の自由化により、お客様が電力の購買先を自由に選ぶ事が認められています。一般電気事業者(以下「電力会社」)のHP上でその旨を確認できます。
どうして新電力の電気は安いの?
従来の電力会社の電気料金は、電気事業法に基づき、「総括原価方式」により計算される為、発送電・電力販売等の総費用の上に一定の報酬率が、上乗せされます。対して新電力は、電力会社に比べ自社で抱える設備や人員遥かに少なく、また送電インフラも電力会社に従来の送電網を借りて託送量を支払うのみなので、より安く供給できる場合があるのです。
新しく電力会社を切替えると、その後停電が頻発したりしない?
今までと同様に、自然災害などで送電設備に異常が起こった時以外は停電しません。基本的な「発電・送電・配電」は、切替後も従来と全く変わりなく、今までと同じ電力会社からの送電網により電気は届けられます。(電力託送は、お客様が使われた電気と同じだけの分を、電力会社と新電力との間でやり取りすることで、成り立っています。)
新電力の発電設備に異常が起こった場合はどうなるの?
万一、新電力の発電施設に異常が起こった場合でも電力会社のバックアップ供給が法的に定められていますので、お客様への電力供給が途切れることはありません。(その場合でも購買単価が上がることはありません。)
停電やその他トラブル時の窓口はどうなるの?
電力供給に関することでは今まで通り、電力会社へのお問い合せで問題ありません。
新電力の発電設備に異常が起こった場合はどうなるの?
万一、新電力の発電施設に異常が起こった場合でも電力会社のバックアップ供給が法的に定められていますので、お客様への電力供給が途切れることはありません。(その場合でも購買単価が上がることはありません。)
新電力から電力を購入するにはどうすればいい?
お客様の過去直近12か月分の電力データを基に試算した結果、新電力からの電力購入にメリットがある場合は、切り替えの諸手続きを行います。手続きはすべて代行致しますので、必要書類のご準備をお願い致します。
新電力は切り替えの際、工事は必要?費用は?
お客様の過去直近12か月分の電力データを基に試算した結果、新電力からの電力購入にメリットがある場合は、切替の諸手続きを行います。手続きはすべて代行致しますので、必要書類のご準備をお願い致します。※ただし、新たな電源線敷設の必要がある場合などは、負担工事が発生致しますので、事前にご説明の上、協議をさせて頂きます。
実績はあるの?
官公庁関係では・・・法務局・裁判所・警察学校・税関・国税局・税務署・公立小中学校・自衛隊等
民間では・・・商業ビル・オフィスビル・私立大学・複合ビル・工場・物流倉庫・ホテル・スキー場・結婚式場・葬儀場・美術館・会館・病院・銀行・中古車オークション会場・飲食店(夜間のみの営業)・アミューズメント施設・自動車学校・車検センター等
ご契約までの流れ
電気料金の経費削減を希望される企業様は、今すぐお問合せ下さい!!

各項目をご入力頂き「確認」ボタンを押してください。

各項目をご入力頂き
「確認」ボタンを押してください。

法人名
ご担当者名
電話番号(半角)
Mail(半角)
お問合せ内容

個人情報のお取り扱いについて

ご記入いただきました個人情報は、取得した情報に関しては、利用目的の範囲内においてお取扱します。個人情報のご提供は任意では御座いますが、必須項目にご記入いただけない場合おいては、お問合せに適切にご回答できない場合があります。ご記入いただいた個人情報は、法令に基づく場合を除き、ご本人様の承諾なしに第三者(当社業務委託先を除く)に提供することは御座いません。